トーカ堂 真珠

葬式・法事の時の真珠は?

 

 

葬式や法事の時にアクセサリーをつけることはタブーですが、喪の席でも許されるのが「神の涙」と言われる真珠です。

 

そのため、多くの女性が葬式や法事の時に真珠をつけていることが多いです。

 

私の持っているのは使える?
ピンク系だから大丈夫かしら?

 

そんな不安がある方も多いかと思いますが、
注意してほしいのは長さとデザインです。

 

■長さ
一般的にロングネックレスはオススメできません。

 

太っていたり、首が窮屈で…と言う場合でも60cm位までの胸の下に来ないものを選ぶようにしてください。

 

■デザイン
葬式や法事の時には、ネックレスとイヤリングのセットが多いです。
リングをする場合にはダイヤが目立たないものにし、輝いてしまう場合はつけないようにしてください。

 

特に気を付けて欲しいのは…
一連は良いですが、二連は「重なる」ということでよくありません。

 

 

最近ではカラーも種類も多いので、黒蝶や白蝶真珠などもつけている方もいますが基本はラウンド形です。

 

一番無難なのは一般的なホワイトですが、グレー系などでも良いですが、あまりに大きく葬式に向かないものは
避けてください。